オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

切開手術した目

自分の目元にコンプレックスがある場合、整形手段として目頭切開や眉下切開という方法を用いて、自分の見た目を変えようとする場合があります。
ここではそれぞれの方法について記述していきます。
目頭切開は、目頭から上まぶたにかぶさっている皮膚を切開をすることで目の横幅を広げるという美容整形です。
この目頭切開という美容整形よって、一回り大きな切れ長の目になるだけではなく、アイラインの幅も広がり、黒目がしっかりと強調されます。

また、眉下切開と言ってまぶたの上の脂肪を取り除くことで二重の幅を広げたりする主述もあります。

切開手術したキレイな目

眼に関する悩みを持っている人は多いです。
目つきが悪い、目が小さいなど生まれつきの目の形で悩んでいる場合もあれば、加齢とともにまぶたがたるみ視界が狭くなってしまったという場合もあります。
それらの悩みは目頭切開や眉下切開という整形手術によって解決できる場合があります。
目頭切開は、目頭を切開して目の幅を広げる手術です。
目の幅が狭い、また目と目が離れすぎている場合に有効です。

また、東洋人に多い蒙古ひだを取り除き、ハーフっぽい平行二重にすることもできます。
目と目が離れているのを解決したい場合と、平行二重にしたい場合で同じ目頭切開でも手術の方法が若干異なる病院もあります。
自分の希望にあったやり方を選択します。

切開手術した目の顔

目が腫れぼったい、加齢に伴いまぶたが垂れてきて目の幅がせまくなったなどの場合は、眉下切開を行います。
眉下のラインに沿って切開をして余分な皮膚を切除するので、傷跡が目立たない整形手術といえます。
余分な皮膚を切除して縫合し直すことで、まぶたを持ち上げて目を大きくすることができます。

目の幅が縦に大きくなることで、黒目にかかっていたまぶたがなくなり視界もよくなります。
また、整形したいといっても二重まぶたにはしたくないという場合にも、一重のまま自然に目を大きくすることができるのが眉下切開です。
このように、目元に悩みがある場合、目頭切開や眉下切開を行うことは有効な手段となります。
整形手術を考えている場合、どの手術の方法が適切か医師と相談します。

カレンダー

September 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930